お祝い・記念日

母の日っていつ?母の日は感謝の気持ちを伝えるチャンス。

こんにちは。MACO(@MACO_color)です。今週末5月12日(日)は母の日ですね。
普段なかなか照れ臭くて「ありがとう。」の感謝の気持ちを伝えにくい人も、「いやあ、毎日ありがとうくらい言ってるよ〜。」というそこのあなたも。改めて、感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

母の日って?

母の日ができた由来

母の日は世界各国にあり由来もさまざまですが、日本の母の日はアメリカから伝わった風習です。
1905年5月9日、アメリカのフィラデルフィアに住む少女「アンナ・ジャービス」が母の死をきっかけに、「生きている間にお母さんに感謝の気持ちを伝える機会を設けるべきだ」と働きかけたのが始まりとされています。
この働きかけがアメリカ全土に広まり、1914年には当時の大統領「ウィルソン」が、5月の第二日曜日を「母の日」と制定し、国民の祝日となりました。
また、アンナの母親が好きだった白いカーネーションを追悼式の祭壇に飾ったことから、母が健在であれば赤いカーネーション、亡くなっていれば白いカーネーションを飾るようになり、現在のように「母の日にはカーネーションを贈る」習慣が生まれたと言われています。

出典元:長崎心泉堂

MACO
MACO

一人の少女の行動が国民の祝日にまで広がるなんてすごいなぁ。

IWAIchan
IWAIchan

カーネーションも赤と白で意味が全く変わってくるのね。知らなかったなぁ。

カーネーションは色によってそれぞれ意味が違う

MACO
MACO

母の日に贈られるカーネーションの花言葉は、「女性の愛」や「感覚」、「感動」、「純粋な愛情」という意味があるんだって。

IWAIchan
IWAIchan

そのうえ、色によっても意味合いが変わってくるんだってね。

 

赤いカーネーション 「母への愛」
白いカーネーション 「純粋な愛」「私の愛は生きています」
ピンクのカーネーション 「女性の愛」「美しいしぐさ」
黄色いカーネーション 「軽蔑」
紫のカーネーション 「誇り」「気品」
青いカーネーション 「永遠の幸福」

 

MACO
MACO

カーネーションを贈るときに意味合いも込めて贈るとなんだか素敵ですね。

IWAIchan
IWAIchan

母の日のカーネーションを選ぶときは、各色の花言葉をしっかりと把握しておくともらった側もさらに嬉しくなるんじゃないかな。

最後に

もちろん、カーネーション以外にもコスメだったり、食べ物だったり、お洋服だったり、各々が思い思いのプレゼントを渡すのも喜ばれると思います。

中には、一緒に会っておしゃべりするだけでもお母さんにとっては大切な時間の贈り物になるのではないでしょうか。

今年の母の日は、明後日で日もあまりないので、今から贈り物どうしよう?と考えている人がもしいたら、カーネーションの1輪でも買って会いに行ってみてはいかがでしょう。

きっと、喜んでもらえると思いますよ。

 

MACO